料金相場・成功率について 『解説』

別れさせ屋の料金・費用は高いというイメージをお持ちの方が、少なくありません。

しかしその内訳を知ると、適正であることが分かります。

相場通りでは無かったとしても、適正な内容か・詳細な説明があるかをチェックしましょう。このことが成功確率アップにもつながります。

別れさせ屋の料金・費用は、経費+成功報酬で決まる
見積りに表示される金額には、経費と成功報酬という2種類があります。
・経費:調査スタートと同時に発生する、調査・活動のため必要な交通費・宿泊費など
・成功報酬:契約内容が成功したとご依頼主様が判断してから発生する、調査員人件費・サービス料

料金発生タイミングの違いから、成功しなかった場合にも経費はお支払いいただくという点はどの会社でも共通しています。しかし、手付金として報酬の一部を先払いするかどうかは異なります。ご依頼主様が納得して支払えるプランかどうか、契約前に確認しましょう。

■成功確率を左右する、別れさせ屋の実働回数
別れさせ屋の費用は、調査員の実働回数から算出されます。低料金をセールスポイントとする会社は、実働回数を少なく抑えていることがほとんどです。一見リーズナブルで良心的に思えますが、成功率が低いという難点があります。

ACグループなど、別れさせ屋の第1線で活躍する会社では、平均して15回~20回ほどの実働が相場となります。より自然なアプローチは、ターゲット自らが「別れる」と選択して行動することにつながります。ご依頼主様のご要望次第ではありますが、ある程度の回数を重ねなければ成功確率が上がらないのが業界のセオリーです。

■別れさせる方法やプランは、契約前に詳しく打ち合わせ
請求されている金額が本当に適正かどうか疑問に思い、これまで契約を見送ってきた方も多数います。別れさせ屋には相場がないと言われ、会社によって金額が大幅に異なります。契約前の打ち合わせを詳細に行い、疑問をすべてクリアにしたうえで、納得して契約することが重要です。

ほとんどの別れさせ屋では、実働回数ごとに
・何を目的に
・どんな手段で
活動する計画かを事前確認することができます。ご依頼主様の立場を大切にする会社であれば、日にち単位で計画と見積もりが出ます。その日のねらいを達成した場合、成功確率が何%アップするかを明記するところもあります。見積書に書かれている内容が多いため「よく分からない」と感じる方も少なくありませんが、1つずつ質問し、説明を受けるよう心がけましょう。

その他「パックプラン」「基本料金」としてまとまった金額を請求しているケースです。別れさせ屋の費用は経費と成功報酬に分けられますが、この2つを合算しパッケージとして請求する会社が少なくありません。1ヶ月以内の短い活動では、30万円ほど~という会社がありますが、一般的には一ヶ月間30万円では5,6回で成功までさせることになりますから、まず不可能です。経費のみで50万円以上、報酬を加えると100万円以上が相場となります。

料金計算がしやすい、ローンが組めるといったメリットのあるパック制ですが、万が一依頼内容が成功しなかった場合、経費以上の請求を受けることになってしまいます。内訳を確認してから、契約の判断をしましょう。

■契約後の料金修正には相場があります
別れさせ屋は人間関係を扱いますので、毎回ねらい通りに事が進むとは限りません。予定より少ない回数で完了する、または予定以上の活動が必要という修正は、どんなプロ集団でも起こりえます。良心的な会社であるほど、活動報告や見積額修正の連絡回数は増えます。

予定していた日に、何人のスタッフが、どこで何を何時間したか、しっかりと確認する習慣をつけましょう。この時の変更金額は1日あたり5万円前後が相場で、10万円を超える変更はほぼありません。気付いたら大幅に費用がアップしていた、依頼内容からそれた活動をされたというトラブルを防止し、納得行く金額で希望内容を達成することができます。

15回、20回と稼働すれば、やはり75万円~100万円という経費になりますが、

これは高いわけではなく、それだけの稼働数があるからです。

引っ越し屋さんでも、2名で半日動けば5万円になることから、けっして経費金額が高いわけではないのです。

別れさせ屋の料金は、相場がないといっても過言ではありませんが、上記を参考にして頂ければ相場は分かりますし、成功確率が高いか、適正な料金を請求されているかの2点を確かめるためには、事前打ち合わせが成功の鍵となります。